ノーベル医学生理学賞を受賞した「EGF」のチカラでお肌にハリとうるおいを

若い頃はトラブルと無縁だったお肌も年齢を重ねるにつれハリが失われ、シワやシミなどが目立ち始めます。
その原因のひとつが「EGF」の減少です。

クリスタル121EGF エッセンス&ローションは、そのEGFのもつ「お肌自らが再生しようとする仕組み」に着目し、配合した化粧水と美容液です。
EGFは肌本来の再生力を助けて皮膚細胞の再生を促し、乱れたターンオーバーのサイクルを正常な状態に整えるよう働きかけます。

EGFって?

EGF(Epidermal Growth Factor:上皮成長因子)とは、皮膚表面の受容体と結びつき、新しい細胞の生産を促進するタンパク質の一種のことです。
アメリカの生物学者、スタンレー・コーエン博士が発見し、同氏はこの功績により1986年にノーベル医学生理学賞を受賞しました。

その他配合成分の特徴

「植物性ヒアルロン酸」配合で優れた保湿性

化粧水には植物成分を贅沢に配合しています。
ハイビスカスは「植物性ヒアルロン酸」とも言われています。
ハイビスカス葉エキスには多糖類、ピルビン酸、ビタミンC、アミノ酸、ポリフェノール、ミネラルなど有用な成分が多く含まれています。
中でもグルクロン酸はヒアルロン酸の構造に含まれる成分で、優れた保湿性を有しています。
※その他オウバクエキス、甘草エキス、葛根エキス等も配合

アンチエイジングで注目の成分「バイオアンテージ」

アンチエイジングで今注目される成分である「バイオアンテージ」を配合しています。
これは、アロエ・クロレラ・カッコンエキスの3種類からなる生薬コンプレックスで、細胞増殖作用は動物性プラセンタ抽出液より20%も高い数値を記録しています。
そのため、敏感なお肌にも安心して使用できます。
効果として、抜群の保湿作用・角質層の水分保持能力向上・皮膚弾力性の向上・紫外線吸収抑制作用・繊維芽細胞の活性化等があげられます。

活性酸素を除去する「白金ナノコロイド」

白金ナノコロイドとは、プラチナを極微小化した素材のことです。
老化の原因である活性酸素11種類全ての除去に有効に働き、触媒として機能するので体内に存在する限り半永久的に働き続け、その後は排出されて体内に蓄積されることはありません。
効果として、pHバランスを整える整肌効果・コエンザイムQ10を超える抗酸化力・肌細胞の修復再生・保水力向上等があげられます。
※白金ナノコロイド:東京大学大学院 宮本有正教授が開発した抗酸化成分

栄養成分に富んだ「海のプラセンタ」(マリンプラセンタ®︎)

鮭の卵巣膜は卵を守り育てる栄養成分に富んでいて、動物プラセンタに引けを取らない栄養レベルなのです。
コンドロイチン硫酸、核酸、エラスチン、ビタミン、ミネラルなど女性が必要とする30種類の栄養成分が入っていて、細胞の若返り効果を示すIGF-1の増加と末梢血液循環の改善と美肌に関する3つが特許と認められています。
効果として、血流促進・破損細胞修復機能・老廃物排出作用・ヒアルロン酸合成促進等があげられます。
※マリンプラセンタは株式会社日本バリアフリーの登録商標です。

クリスタル121EGFエッセンス&ローション

ノーベル医学生理学賞を受賞した上皮成長因子「EGF」を配合。皮膚再生医療に着想を得たエイジングケア化粧品です。肌本来の再生力を助けて皮膚細胞の再生を促し、乱れたターンオーバーのサイクルを正常な状態に整えるよう働きかけます。